会社案内

 

company_img02

company_ttl01

company_img03

敬天愛人” 常に公明正大、謙虚な気持ちで仕事にあたり
天を敬い、人を愛し、仕事を愛し、会社を愛し
国を愛す

 

company_ttl02

 

全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、隣人に対する感謝と真心を忘れず
地域、社会の進歩発展に貢献する事

 

company_img

<沿革>

相馬 定勝

 

1938年 秋田県由利郡象潟町関字有耶無耶の関食品も扱う雑貨屋「相馬三郎左衛門商店」開業

主に相馬タツミが店を運営する

1966年 由利郡象潟町関(現にかほ市象潟町)

「ドライブイン奈曽川食堂」開業

相馬定勝が板前、兼代表となる

1976年 店舗の増改築に伴い
「割烹 奈曽川」に改名 おおいに繁盛する
1989年 相馬定勝、板前 兼代表の急死により

「長期休業」となる

 

相馬 純二(現  代表取締役)

 

1997年3月~ 京都で20数年会社代表役員を務めた後、

名鉄名古屋駅構内雑貨商「相馬三郎商店」開店

一年後母親介護のため秋田帰郷

勉強のため知人の水産業者に従事する

父相馬定勝代表で運営し、死後長期休業の状態なっていた仕出し屋「割烹 奈曽川」の閉店決意

保健所に届け出正式に廃業

1998年

秋田県由利本荘市岩城新事務所を開設

海産物加工品の卸及び一般小売業「相馬物産」を新たに立ち上げ業務を開始する。

2007年8月~

 

平成19年 法人「株式会社 相馬物産」を設立

岩城「道の駅」中心卸業務に励む

 

平成25年、廃業した「割烹 奈曽川」の建物を大改装

設備投資に資金を投じ

食品加工工場「相馬屋」を始動

自社商品も含め、社外の委託製造も受注する

 

平成26年新事業の開拓、推進、実行に取り組む為

京都市中京区堺町通り竹屋町「京都事業所」設立

京都洛豊堂「福えびす」商品ブランドを創設

雑貨の卸、小売りを始める

 

平成27年東山区に事業所移転、現在に至る

 

日々暗中模索、飽くなき挑戦と、数えきれない大失敗を経験してきた歴史の軌跡のようにも思える

 

座右の銘「人間万事塞翁が馬」

 

<親が残した有難い言葉>

いつまでも有ると思うな親と金、無いと思うな

災難と病気”

“上見ればまた限りなし我が暮らし

下見て忍ばん人の世の道”

 

<  合掌 . >

 

 

<< 取得許可証 >>

飲食店営業(小料理 相馬屋) kyokasyo01
仕出し・弁当、惣菜製造
(相馬物産 相馬屋 鳳川楼)1階 妙見(賃貸)
kyokasyo02 kyokasyo03

 

<< 商標登録証 >>

「ぎばさ岩のり」「きりたんぽらーめん」

「総本家鰰屋」「東北六魂亭」

「常楽萬福箸」「京十色」

他多数

syohyo01 syohyo02

 <事業概要>

会社名 株式会社 相馬物産
代表者 代表取締役 相馬純二
創業 平成10年3月
設立 平成19年8月
住所 〒018-1301 秋田県由利本荘市岩城内道川字新鶴潟1-1
電話番号 0184-62-6215
FAX番号 0184-62-6212
建 物
◆製造工場  倉庫     秋田県にかほ市象潟町
(相馬屋鳳川楼)     鉄筋木造2階建85坪
tatemono_imgs01
◆事 務 所         秋田県由利本荘市岩城
(株式会社相馬物産)  木造平屋25坪
◆飲 食 店         秋田県由利本荘市岩城
(小料理 相馬屋)    木造平屋20坪
専用駐車場300坪
tatemono_imgs02
取引銀行 秋田銀行 岩城町支店
北都銀行 岩城支店

 <業務概要>

海産物の加工食品の
製造
秋田県にかほ市 相馬屋
卸売 小売一般 秋田県内 道の駅、百貨店、空港、その他
食品及び雑貨の輸出入
 貿易一般 
京都事業所(京都市東山区)
飲食店の経営 秋田県由利本荘市 小料理 相馬屋(そうま屋)
古物の販売 秋田県にかほ市 象潟町 鳳川龍巳堂
店舗の企画構成 京都事業所(京都市東山区)
デザイン企画 Tシャツ、小物、シール その他(京都事業所)
不動産賃貸 自社管理建物の賃貸(秋田県にかほ市)


大きな地図で見る