雪裡梅花只一枝(禅の言葉)

 

『雪裡梅花只一枝』

“SETSURI NO BAIKA TADAISSHI”

<今はどこも茨だらけだが、春風が吹けば梅の花が一斉に咲き乱れるだろう。>

苦難に耐えてこそ真実を掴むことができる。

 

冬の厳しさに耐えてこそ、は香しいを咲かせます。

私たちにとっては、苦労を重ねて達成したり実現したことが

「雪裡の梅花」

でしょう。そこにはかけがえのない価値があり、確かな真実があるのです。

<禅の言葉より>

 

コロナ禍の中、自暴自棄になってしまいそうな精神状態で、不安な日常を過ごしている今日現在。

近い将来の「社会の復興」を期待し目標として日々努力することを糧に、

今の辛い経験も貴重な真実の価値として語れるように生きていく。

 

このままでは終われない!

 

 

 

 

2020年08月07日 (金) | SOMA